夏バテソーラスという架空のバンドのブログ

愛と平和のお花畑です あたしどこにいるのかしら? わかんな~い あははははははは あははあはあははははは

「川辺の二人(歌詞)」と「オーシャン」

その1:

歌詞を書きました。

 

あまりにあまりにあまりに有名な

ボブ・ディランの「風に吹かれて」の替え歌です。

ある世代には、日本国でもアンセムだったようです。

酒場で泥酔中に、やはり泥酔中のその世代の先輩に取材したので、

裏は取れています。

映画でも、原田芳雄が酒場でギター持ち出して

「おい、ハウメニーやろうぜ」と言って、その場のみんなが

歌いだす場面があったそうです。

大昔にロッキングオンで読んだいい加減な記憶です。

 

だからどうした、という事はなく、

ここまでの文章は単なる文字数かせぎです。

 

ただ、この曲に思い入れの深い人もいると思うので、

メロディだけ借りて、原詞は参照せずに

「答え」というキーワードだけ借用して

違う曲にする事にしました。

タイトルも変えました。

 

どんな風も吹いてはいません。

 

歌うかどうかは未定です。

なので歌詞だけ載せました。

 

素直に書こうと努めたら、

薄暗いものになりました。

 

希望はあります

ちょっとだけですが。

 

幸福っていう言葉は、想像出来なくなりました。

自由は手放したくはないです。

 

 

 

  「川辺の二人」

 

  (1)

 

二人っきりで 川辺に下りる

ここが 世界の 

果て ならば

 

見上げる 空は

青い ばかりで

僕らの 心

写しや しない

 

遠くに 聞こえる

あの もの音は

義理人情か

太鼓の音か

 

(コーラス)

 

夢から 醒めて

ただ 蒼ざめて

足どり 鈍く

答えは 遠い

 

 (2) 

 

僕らの あいだに

挟まっている

これが なんだか

わからないけど

 

名前 付けるな

放って おけよ

笑って いるだろ

それで いい

 

違う とこから

吹き寄せられて

立ち尽くした まま

ここ に いる

 

(コーラス) 

 

深まる 夕闇に

ただ身を 委ねる

背筋が 寒い

答え ここにない

 

 (3) 

 

長い 時間が

経って しまった

気が 遠くなる

距離を 歩いて

 

気付いた そこに

道は なかった

すこし 驚き

立ち止まった けど

 

引きずり 戻され

また 始まった

故郷の 街は

滅びて 消えた

 

(コーラス) 

 

目はひらいてる

死んでもいない

逃げれやしない

答えの 方へ

 

 

 

 

その2:

作詞モードに入ると、YoutubeがBGMになります。

良い曲を発見します。

再発見もあります。

 

今回はこれです。

あまりにあまりに有名なヴェルヴェット・アンダーグラウンド

隠れた名曲です。

僕はヴェルヴェットは、三枚目と次の「ローデッド」の時期が好きなようです。

 

ルーの歌が素晴らしいです。どうやったらこんな風に歌えるのか、

さっぱりわからないです。

 

ではまた


The Velvet Underground - Ocean (Outtake)