夏バテソーラスという架空のバンドのブログ

愛と平和のお花畑です あたしどこにいるのかしら? わかんな~い あははははははは あははあはあははははは

「存在してみよう」という曲です

ブログ書くの久し振りです。

前回の更新からおおよそ一ヶ月振りですね。

という事はあの選挙から一ヶ月という事ですね。

負け戦に投票しに行って来ました。絶望はしていません。

 

そのあいだ、はてなからのお知らせがあった時以外、ブログ自体も開かなかったので、未読の記事もいっぱい溜まっているはずです。

ゆっくり読ませていただきます。

 

曲が出来ました。

 

自分なりにパンクを追及したつもりが、変な事になってしまいました。

行き詰まりは抜け出せた気がします。

小手先で誤魔化さず、下手なもんは下手で堂々と開き直って肯定してやりました。

捨てる事を意識しました。

ベースとドラムには暇を取ってもらいました。

無くてもどういう曲だかは伝わると判断しました。

上手く歌おうとか完成度を高めようとか、そういう事は考えませんでした。

情熱を傾けられるインスピレーションのみを相手にして、それだけにこだわりました。

あとは、余白と欠陥として残しました。

歌詞は、シンプルに、膨らし粉かけずに、うそつかずにを心がけました。

明るいものではありませんが、裏も嫌味もないものになっていると思います。

(イヤミたっぷりなのはこのあとブチまけます。怒りは溜まっています。)

暗い気分と戯れているわけではないです。

鬼は外、鬼は外、鬼は外としか言えないです。

自分の中に棲みついているやつです。人とか自分とか憎んでいたくはないです。

 

歌詞の字幕だけの動画というのも考えたのですが、やめました。

申し訳程度ですが、散歩がてら撮りに行った近所の写真を使いました。

そうしたら、字幕がところどころ消えてしまいました。

え~と、勘弁して下さい。

 

やはり音楽に時間を裂きたいので(いつ戦争始まるかわかんないし、そんなに時間が残っているとは思えない)、ブログの更新頻度は下がると思いますし、内容も詞や曲の発表のみになりそうですが、またよろしくお願いします。時間がない、時間が!

 

 

では曲です。

        


存在してみよう

               

                (1)

          

 

          あかるくね 元気に行きましょう

          ほかに やり方 ないのなら

          どこまで 沈んで行くつもり

          本当に 死んじゃうよ

 

          怪物が 待ってるよ

          仲良く できるかい

 

          存在してみよう 立ち退かないでいよう

          存在してみよう 明け渡さずにいよう

 

                (2)

 

          皮肉をね 言うつもりないよ

          だけど ユーモア 必要でしょう

          いつまで 探しているつもり

          戻って 来れなく なっちゃうよ

 

          怪物が 見ているよ

          目を 合わせられるかい

 

          存在してみよう 立ち退かないでいよう

          存在してみよう 明け渡さずにいよう

 

          存在してやろう 迷惑かけていこう

          存在してやろう 理由はいるわけねえだろ