夏バテソーラスという架空のバンドのブログ

愛と平和のお花畑です あたしどこにいるのかしら? わかんな~い あははははははは あははあはあははははは

夜のしじまに二人きり

ここ数日の間、労働と生活を除く(生活の方は端折ってたかもしれない、食事とか)殆どの時間をかけてこの曲の編集作業をしていました。

 

ひたすらもがいていました。

しんどかったです。

 

ブログを書くどころか、読む時間さえ取れませんでした。

未読記事が山になっています。

 

なんとか仕上げましたが、出来ばえには自信がありません。

録音済みの音素材がオーバーレベルで割れていました。

それを修正しようと四苦八苦しましたが、どうにもなりませんでした。

やや音が歪んで、聴き苦しい箇所も、いくつか残ってしまいました。

 

ですが、

かなりのものを削って、時間よりも精神をすり減らして作りました。

もう気力は残っていません。

なけなしの情熱を注ぎ込みました。

残り少ないマヨネーズを絞り出すように。

 

なので、

聴いてやって下さい。

今、頭を下げています。

 

動画の内容は「動いてればいい」程度のテキトーなものなので無視して頂ければさいわいです。

音の作業が終わった時点で力尽きました。

 

ラブソングです。

その筈ですが、

人前でこの曲を演奏した時に、僕の声は怒りで震えていました。

 

 

           「夜のしじまに二人きり」

 

               (1)

             何かが 始まる

             また そんな

             気が してさ

 

             僕らは

             真夜中に 夢を

             描く

 

             いつも こうだね

             かわらないね

             懲りる 事なんて

             できないんだね

 

             勘違い かな

             世界が

             また ひろがって

             ゆく ようだね

 

             夜のしじまに二人きり

             置いてけ ぼりに

             されたのか

             放って おいて

             くれてるのか

 

               (2)

             安い 酒を

             すすりながら

 

             背中を まるめ

             たばこ

             くわえながら

 

             立ち止まったり

             笑い合ったり

 

             感じてる これは

             ぬくもり なのか

             それは 儚い

             ものだけど

             僕らは 過ぎ行く

             ものだけど

 

             夜のしじまに二人きり

             きみの 目に

             宿る ひかりは

             いたずら 好きの

             子供 みたいだね

 

               (3)

             孤独な バイカー(*)

             長距離 トラック

             ねむる 看板

             街の 灯かりも

 

             すべては

             これで

             いい

             ような 気がするよ

 

             悪党供も

             今夜は

             うろついては

             いないだろう

 

               (4)

             待って いるのは

             なんだろうね

 

             たぶん なにか

             うつくしい もの

 

             とりとめのない

             思いが

             言葉に ならずに

             きえてゆく

 

             いつまで

             続くのか

             この靄のなかを

             彷徨ってたい

 

             夜のしじまに二人きり

             笑ってる のか

             泣いてる のか

             どこにいるのか

             わからない

 

             夜のしじまに二人きり

             ぼんやり光る

             街灯みたく

             ずっと ここに

             浮かんでいたい

 

             ラララ・・・

 

(*) 恥ずかしい歌い間違いをしています。たぶん前の晩に「ライダーズ・オン・ザ・ストーム」を聴いていたのだと思います。

          


夜のしじまに二人きり / 夏バテソーラス