夏バテソーラスという架空のバンドのブログ

愛と平和のお花畑です あたしどこにいるのかしら? わかんな~い あははははははは あははあはあははははは

就活終了(仮)

仕事が決まりました。

希望もやる気もありませんが、努力はしてみようと思います。

人間関係から逃げ出し、ひきこもりの罪悪感から逃げ出しての、消極的な社会復帰です。

他に選択肢がないので、仕方なく、です。

動き始めれば少しは気力も戻って来るのではないか、とぼんやり思ったりしますが、期待はしませんし、出来ません。

ルーティン感覚を再構築できれば最高なのですが、どうなんでしょう。

僕も20数年、外で、人の中で働いてきた訳で、何度となくそれを作ってきた筈なのですが、遠い過去のことのような気がします。

何事もなかったように元の世界に戻れればいいのですけど、それも高望みのような気がします。

ルーティンはいいものです。

僕が労働に求めるのはこれです。

金はもらえるは時間は持って行ってくれるは、何より働いている時間は「仕事のこと意外は何も考えなくていい」これは楽です。ここまで行けば「日常」を「捏造」(ちょっと韻を踏んだつもりですがギャグではありません)出来ます。できればその先、意識も感情も無い歯車もしくは部品になれたらもっと楽です。「生きろ」という遺伝子の命令に従っているだけのシンプルライフ、夢です。

 

と、ここまで書いたところでご飯を食べに降りて、戻って来たら読者の方からやさしい励ましのコメントが届いていました。

続きの文章も考えていたのですが、ルサンチマンの垂れ流し状態に傾いていたので少し軌道修正します。

 

とりあえず「どこまで社会を舐められるか試してやろう」くらいの気持ちで臨もうと思っています。

「適当にやって間違えたけど、ま、いっか。」とか、

「気力が萎えて来たので早退します。」とか、

「この作業苦手なのでパスします。」とかではなくて、

「意識を高く持て」的な命令には頷かないという事です。

表面的には「イエッサ」ですが、心の中ではベロを出してやります。

だって、無理だもん。

無理は体に良くないし、続きません。

「真面目に手を動かし、地道に仕事を覚える。」

これ以上の事を求められても出来ません。やりません。

そんな気持ちで出かけて来ます。

 

ちなみに「意識の高さ」が必要とされる仕事があることはわかっているつもりです。

なので僕は「パートタイマー」以上の役割は負いません。

 

あと、「仕事にやりがい、生きがい」を求めている人、「仕事を通じて自己実現しようとしている人」に皮肉を言っているつもりはありません。価値も求めず、欲望も持たずに社会の中に存在することは無理だと思います。身の置き場がそれぞれ違うだけです。

 

では、〆ます。

なるべく悪いことを考えないようにしているのですが、戻りたくないところに戻るのは気が重いです。今まで何度となくお世話になった僕の「労働のテーマ」です。これを酒場でリクエストした翌日出社せず・・・・・

      


Neil Young - Last Dance