夏バテソーラスという架空のバンドのブログ

愛と平和のお花畑です あたしどこにいるのかしら? わかんな~い あははははははは あははあはあははははは

真夜中のお散歩(徘徊ではなく)、あと「トッドのバラッド」

僕は真夜中に散歩するのが好きです。 ひと気のない道を行ったり来たり 不審者ではありますが、 犯罪者ではありません。 昭和の終わりころからずっとです。 不思議なことに、 おんなじ趣味の人と、すれ違ったことすらないのです。 なんでだろう 夜はいいのに …

~やつらの足音のバラード~ & 「こころを鎮める、まず鎮める、とにかく鎮める、何より鎮める、手段を選ばず鎮める」

何か(なにか、と読んでくれたら幸いです。)書いてみようと思います。 なぜか、というと、 「とりあえず、二本の記事を書き上げたい。」 と、思っているからです。 なぜ、二本かというと、 「音楽をぜんぜんやっていないが、やる気もしないので、 だけど冷…

ロードハウスブルース

The Doors - Roadhouse Blues (Remastered) デッデデッデデッデデーレ デッデデッデデッデデーレ ピロロピッ ピン ピッ ピロロピッ ピン ピッ ブワ~ウワ~ ブワ~ワブワ~ ジャッジャジャーン ジャッジャジャーン 車があるなら それに乗って行こう ハンドル…

夏の読書感想文「一九八四年 / ジョージ・オーウェル」

短い記事になります。 あまり長々と書きたくないテーマだからです。 ジョージ・オーウェルの小説「一九八四年」を読みました。 1949年に発表された、オーウェルの遺作です。 肺結核の療養をしながら書かれたそうです。 ジャンル的には、「ディストピア小説」…

サニー・デイ・サーヴィスの「苺畑でつかまえて」

気分がすぐれないです。 曲を書く気力が戻って来ないので、歌詞だけを書いているのですが、 書くほどに、気が滅入って行く内容になってしまって、 辛くなっては、放り出して、サボったりしています。 そんな感じなのですが、 落ちるに任せるのもなんだかな、…

だいたい休みの日はいつもうちの中で心が分解しそうになってるけど終わらないね。いつ電話しても出ないってゆうけど、頭ん中で爆音で脳とか他人とか喋りつづけてるから聞イぃーーーーーーーーーーーーーーーっこえねえよ!

誰かいっしょに泣きながら歩いてくれるひといないかなあ 酒は僕がおごるので、 どこのコンビニでも売っている100円の鬼ころしでよければ。 男でも女でも構わないから。年齢も問わないし。 泣いてるだけでいいんだから楽だと思うんだけど....... てな、ない物…

愛の核保有

タイトル見て嫌な気分になった方は読まずに無視して下さい。 お互いのためです。お願いします。 歌詞だけ書きました。 三週間以上かかりました。 最初は全く攻撃的で皮肉な内容でした。 「そんなの書く権利あるのだろうか?」 という疑問が膨らんで来て、止…

僕らの街

おんなじように 見えるでしょ? だって見かけ 変わらない だけど僕 話す言葉 見つからない そして君 黙って目を 見開いてる 愛想笑いが できない 相づち上手く うてない やっと見せ合う 手の内は 汗ばんでるだけ からっぽ はじめよう 楽しくもないこと あき…

「うめつくせ」というタイトルの、詞に曲がくっついたようなもの

出来ました。 公開します。 「自分はミュージシャンではないのに音楽をやっている。 これってどういう事なのだろう?」 と、考えていました。 結論が出ました。 僕は、「詞に曲がくっついたようなもの」をやりたいのです。 今回の「それ」は、バンドをやって…

(即興詩)

幸福って言葉 誰でも知ってる あるよな気がしてる 探してる気がしてる これではないよな 何かがあると ここではないよな どこかがあると 「わたしは今しあわせだ」 そう言われると おれは驚く 驚いた顔をあなたは見つめる 隠しはしない 訂正しない これはお…

手みじかに

こんばんは、こんにちは、おはようございます。 バテオです。 今回の記事は、娯楽性に乏しいぎすぎすしたものです。 読みたくない人はスルーして下さい。 (1) えーと、 次に都内に出るときには、下北沢で泥酔と決めていましたが、 気が付いたら、官邸前に…

「川辺の二人」という曲です。

こんにちは、バテオです。 曲が出来ました。 なのでブログを更新しますが、気が重いです。 何度もおんなじ事を書いている気がしますが、達成感も安堵感もなく、 虚脱感と自信喪失の辛い感じ。 今、暴漢に襲われたらひとたまりもないです。 ちっちゃくなって…

「川辺の二人(歌詞)」と「オーシャン」

その1: 歌詞を書きました。 あまりにあまりにあまりに有名な ボブ・ディランの「風に吹かれて」の替え歌です。 ある世代には、日本国でもアンセムだったようです。 酒場で泥酔中に、やはり泥酔中のその世代の先輩に取材したので、 裏は取れています。 映画…

ドルフィンズその他

かなり期待して盛り上がっていた名護市長選ですが、残念でした。 選挙結果を知ってすぐに、能天気だった気分は自責に変わりました。 名護の人達に、自分の理想を肩代わりさせていたという負い目を感じました。 自分のブログに決め事を増やしました。 曲を公…

さわらせて(という曲)

こんばんは、バテオです。 このブログも開店休業みたいになっていますが、月に一回、店を開きます。 一日ずれちゃいましたが、細かい事は気にしません。 十日ほど、ブログを殆ど開かずに、音作りに集中していました。 最後の山を越えたと思った晩に不穏な咳…

おねだりとごあいさつ

ブログトップ http://nagi1995.hatenadiary.com/ 上記のブログに記事を書きました。 タイトルは(元岬)です。 そこで新しい曲も公開しました。 宜しければ、ご一読、ご一聴お願いします。 今年は読者の方々の励ましのコメントにとても助けられました。 おか…

すみません

自分で締め切りを決めて、昨日までに曲を公開するつもりだったのですが、間に合いませんでした。 自分が口に出した約束を破ってしまいました。 なので、前回のブログを読んでくださった方に、嘘を言ってしまった事になります。 すみません。 言い訳ですが、…

さわらせて

こんなドアを開けてみたいです。 Yura Yura Teikoku - Door 「さわらせて」 (1) いきおい がない チャンス ではない 乗っかって いない 振り落とされた むしろ 外に出ちゃった しかたなく 扉しめちゃった 追い出すように ああ ふるえる さむさだね おしっ…

「存在してみよう」という曲です

ブログ書くの久し振りです。 前回の更新からおおよそ一ヶ月振りですね。 という事はあの選挙から一ヶ月という事ですね。 負け戦に投票しに行って来ました。絶望はしていません。 そのあいだ、はてなからのお知らせがあった時以外、ブログ自体も開かなかった…

皆さま、しばしのお別れです。 誰も寂しがっちゃあくれないでしょうが僕は寂しいです。 今日、投票を済ませたら、音楽に没入します。 何か掴み取って来るまでブログを離れます。 今やらないと全部ダメになるって声が聞こえます。 自分に見捨てられるのは嫌で…

愛せません

世の中がぎすぎすと嫌な音をたてているので、こんな音楽が聴きたくなります。 Damon & Naomi - Song to the Siren この国(名前わすれた)に、人質取られて幽閉されている気がします。 海の向こうに出て行ける人が羨ましいです。 投票には行きます。 口を塞…

パンク開始

歌詞だけです。 あとで曲を付けます、 鼻歌とパクリで。 では、その1、穏やかな感じで。 「存在してみよう」 (1) あかるくね 元気にいきましょう 他にやり方ないのなら どこまで 沈んで 行くつもり ほんとに しんじゃうよ 怪物が 待ってるよ 仲良く でき…

秋の夜長に聴きたい切ないバラード特集

現在、投稿数と読者数が22/22で、田淵が二人いるみたいです。 おっさん、 ではないです。 僕はあくまでも女子高生です。 しかも傷付きやすくて切ない感じの、です。 そんな誰しもが思わず守ってあげたくなるような僕が、瞳にお星さまをうかべて、うっとりと…

アンノウン・ソルジャー

まず、お礼を述べなければいけません。 http://nagi1995.hatenablog.com こちらのブログでリンクを貼って頂きました。二度目です。 今回は自分が寄せたコメントまで載せて下さり、もう何と言って良いのか、嬉しいやら申し訳ないやらで、音楽に行き詰まり、ま…

存在してみよう

午後3:40頃、朝食をとりながらなんとなくラジオを聴いていたらこの曲が流れて来ました。 The Breeders - Wait in the Car (Official Video) いい感じだな、と思いました。 やさしい音楽だな、と思いました。 良く知らないバンドですが、パンクだと思います。…

夜のしじまに二人きり

ここ数日の間、労働と生活を除く(生活の方は端折ってたかもしれない、食事とか)殆どの時間をかけてこの曲の編集作業をしていました。 ひたすらもがいていました。 しんどかったです。 ブログを書くどころか、読む時間さえ取れませんでした。 未読記事が山に…

I’m sorry 

仕事をサボってしまいました。 まだ三日目だというのに、情けないことです。 時間通りに目を覚まし、朝食をとって、リュックの中身を確認して、トイレに入って、便座に座りました。 「なにがなんでも行かなくてはならない」という暗示があっさり解けて、 「…

People are strange (when you are stranger)

今日は初出勤でした。 新しい環境に順応するのに、人何倍か掛かります。 その間ずっと頭のなかで流れている曲です。 これは僕の人生のテーマソングじゃないかと思ってしまいます。 世界の構造そのものじゃないか、とも思ってしまいます。 政治や経済よりも前…

就活終了(仮)

仕事が決まりました。 希望もやる気もありませんが、努力はしてみようと思います。 人間関係から逃げ出し、ひきこもりの罪悪感から逃げ出しての、消極的な社会復帰です。 他に選択肢がないので、仕方なく、です。 動き始めれば少しは気力も戻って来るのでは…

エヴリデイ・イズ・ライク・サンデイ

今日は気楽に、肩の力を抜いて、特にテーマも設けずに思いついた事を書き並べて行こうと思います。 ここ数日、どういう生活をしていたかというと、大きくは「面接に行って、合否の連絡を待っていた。」です。 いつ鳴るかわからない電話を待つって、落ち着か…